たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

ぼくのかんがえたさいきょうの朝食メモ

どうでもよい一言

  • このブログは技術メモだけではないのです

結論

  • 以下全部がいい感じに効きます。

所感

  • 清々しいほど💩でる。

調べてみた

全部効きます。体にいいものしか食べてなかった。偉い。 ちなみに健康に関する情報はだいたい以下のブログがとても参考になります。

パレオな男

redmineとzabbixの連携 zabbix alertmail -> redmine ticket

redmineとzabbixの連携 zabbix alertmail -> redmine ticket

経緯

わけあってredmineとzabbixを連携させるべく、方法を探していたら、どうもzabbixのアラートメールから redmineにチケット起票するやり方が一般的らしいということで設定してみていた。

参考にしたのは下記のブログ。

qiita.com

ハマったところ

いろいろハマったところはあるので、列挙だけしておく。

  • zabbixのアラートメールの宛先アドレスはどうでもよい。redmineに存在するユーザのアドレスでなくてもよい。今回はzabbixサーバのlocalにredmineユーザを作成し宛先とした。このユーザはredmineに存在するかはどうでもよい(たぶん)。
  • 上記と被るが、zabbix側の送信に使うpostfixの/etc/aliasesファイルの宛先はなんでもよい。結局メールを起点にコマンドを実行したいだけだから。コマンドを実行できる権限さえあれば。
  • zabbixのアラートメールの送信元アドレスredmineに存在するユーザのアドレスでなければならない。
  • redmineのAPIkeyと送信元アドレスに設定したユーザのAPIkeyが異なっているとエラー(当然)
  • あと、勘違いしていた部分として、メールサーバとして利用しているpostfixが動いているサーバ上にスクリプトは配置しなければならない。
  • メールサーバとredmineが動いているサーバが違う場合、スクリプト1行目のシェバン?シバン?は書き換える必要あり。自分の場合は、#!/usr/bin/rubyとした。
  • スクリプトの引数の形式がソース内部でぶれてて戸惑う。結果ここはどちらでも動いたんだけど。

疲れた。

redminerdm-mailhandler.rbで気になる部分

上記で書いた、引数の形式がぶれてる問題について。

オプションの付け方として、'=‘のつくつかないがまぎらわしい。結果としてどちらでも動くが、無用の混乱を招く。

該当箇所はこちら。

github.com

上記リンクはpull requestできなくてなえたので後で削除するかもしれん。のでキャプチャも貼っておく。

f:id:hatevoya:20170129145923p:plain

pull request 送ってみようと思ったが、SVNで管理しているので、githubにはpull requestを送るな!というスタンスらしい。 公式リポジトリとかpatchファイル送るやり方ってものがあるらしいが、めんどくさくてやめた。

自分のような新米の開発者にとって、github以外のやり方を覚えるのがかなり手間で、諦めた。 初めてOSSのコントリビューターになれるかもと思ったが、そこまで魅力的な部分でもないし。 こういう微妙な使い勝手の悪さで廃れていくOSSもあるのかな。。と思った次第。偉そうだけど。

slimv 環境構築メモ

vimmer かつ lisp初学者の自分がslimv を使えるようになるまで。
#とりあえずswank server が動作(,e ,c が機能する)し、関数の補完機能が使える、ってトコまで。

 

環境
Mac OS X 10.11.2
terminal.app
macvim(gvim)

 

vimは以前から使っていた。んでlisp勉強したいなってことで環境整えよう、と思ったら
結構つまづいたのでメモ。

 

忙しい人のための三行まとめ
************************************************
1. neobundleを導入する
2. */.vim/bundle/slimv.vim/*をgithubから取得した最新版のslimvに置き換える
3. .vimrcにgithubのREADME.txtから自分の環境にあわせてコピペ
************************************************

 

検索して、Neobundleというvim plugin で構築するのが早いらしい、ということで
Neobundleを導入.
このブログを参考にしました。

jiroukaja-memo.hatenablog.com

 

ちなみにslimv公式/公式チュートリアル/githubはこちら

slimv.vim - Superior Lisp Interaction Mode for Vim ('SLIME for Vim') : vim online
Slimv Tutorial - Part One
kovisoft/slimv · GitHub


で、動かない。
まずhoge.lispファイルを起動したときに、エラー表示みたいなのが出る。

 

公式チュートリアルに、
--
On Linux this can be something like:

let g:slimv_swank_cmd =
'! xterm -e sbcl --load /usr/share/common-lisp/source/slime/start-swank.lisp &'
--
って部分があって、それを解釈し自分の環境に置き換える、という方針でやった

んだけどこれがいけなかった。というのはあとから気づいたんだけども。

結果的に公式githubのREADME.txtをtxtを読んだほうが良かった。
[Installation details]って箇所を読んでください。
windowsからMac, Linuxまで環境に合わせて.vimrcの設定が記載されている。
pathの部分以外はコピペで0K(Macの場合)


でもこれ以外の箇所でバンバンerror出る。
google先生に尋ねるも、いく先々で、slimvの開発者が直々に解決した旨が見つかる。
え?なんでこないだneobundle経由でinstallした自分のは動かないんだ?

 

んでsourceみると、最上部の更新日の日付が公式よりもだいぶ古いことが判明し、
置き換えてみたらうまくいったと。


#おそらくNeobundleなしでも起動するんじゃないかと思ったけど、なぜかうまくいかなかった。
#ここに関しては原因の追及はしてない。とりあえず動くし。

 

思いつくままに書いたので、だいぶ読みづらいが、一番上で書いたまとめ
でいけるので皆さん頑張ってください。(ちなみに自分は10時間くらいかかりました。)

それでは。

homebrew, git導入

Macに変わったのもあって、開発環境を整えてる。

 

 

これを機に、githubを始めようと思いたった。公開していた方が気合が入るかなと思って。下記のページを参考にしてhomebrewも導入。

www.tettori.net

www.tettori.net

 

 

 

(浅ーく)調べたこと

homebrew:

os xのパッケージ管理ソフト。homebrewを利用してインストールした対象のupdateや、導入の際のビルドを自動で行ってくれる。

 

git:

分散型バージョン管理ソフト

subversionでいうリポジトリがいくつもある。ローカルとリモート(共有)にリポジトリを持っている。

リポジトリ単位でリモートにcommit / mergeしたり、updateする。それが、push / pull コマンド

 

Macbook pro 購入した

ずっとwindows を使っていたのだが、今回は思い切ってMacにすることにした。 理由はいろいろあるが、どうもプログラミングなどの開発をするにはUnixベースのOS Xが良さげ、ということに気付いたからだ。

自分の思うmacの利点 unixベースのOSはシェルスクリプトを書くだけで簡単に自動化できる。 iphoneユーザーなので、様々な同期作業が簡便になる。 業務で使うサーバがLinuxなので、同じUnix系のOSを使う方が業務で得た知識を個人的にも利用できたりして何かと便利。 文字が綺麗。 スタバでドヤ顔できる。

まぁ最後はおふざけだが。 今後使っていくうちに多分もっといろいろ出てくるだろう。

ゆくゆくはもっとエスカレートして、Linux動かすようになるんじゃないかな。笑

久々のブログ更新がしょうもない内容になってしまったが、まあいいでしょう。リハビリということで。

「おとなの進路教室」を読んで。

 

おとなの進路教室。

おとなの進路教室。

 

 就活を終えたばかりだからか、沁みる言葉をたくさん見つけた。キャリアについて悩んでいる人、これから進路を選んでいく高校生・大学生にも読んでほしい。著者自身、何物でもない空白期間を経験しているからこそ、共感できるポイントが多いのではないか。

 

「意志ある選択」

「言葉ではなく、滲み出る何か」

 

こんな生き方、人間でありたいと思う。この本を読んでよかった。

「忘却の整理学」をよんで。

 タイトルにあるとおり、「思考の整理学」で有名な外山滋比古の「忘却の整理学」を読んだ。

忘却の整理学

忘却の整理学

 

 一言で表すと、「忘却は、思考や知識の贅肉をそぎ落とし、より純度の高い、価値ある記憶にしてくれる有用なもの」ということだと思う。

そのほか、「よく忘れ、よく考えよ」という言葉や、「知識と思考は、反比例する」という言葉が印象的だった。

この本のこともいつかは忘れてしまうのだろうが、忘却を善とする考え方、視点を手に入れたことは忘れないであろう。

 

そして、この本の途中で顕著に感じたのは、著者の意見を補強する客観的なデータが全くと言っていいほど示されていないことだ。著者の意見は有用なものである可能性は、自分の経験と照らし合わせても、高いといえると思うが、すべてを信じ切るのは危険な考えだと思う。中ほどで出てくる、メモを取らない、という意見は、割と賛否の分かれる主張だとも感じるし、「メモ」というもの自体についても定義があいまいである。本書中では、メモは議事録と捉えていると考えてよいと思う。

 

思考の構造化のための「メモ」は本書での批判対象には当たらないであろう。アウトプットとしての「メモ」は引き続き大事にしていきたい。

 

さーて、一冊終わり。