たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

ぼくのかんがえたさいきょうの朝食メモ

どうでもよい一言 このブログは技術メモだけではないのです 結論 以下全部がいい感じに効きます。 バナナ ヤクルト スピルリナ(サプリ) さつまいも 所感 清々しいほどでる。 調べてみた ヤクルトはいろいろ凄い サイエンスレポート | 研究開発 スピルリナは…

redmineとzabbixの連携 zabbix alertmail -> redmine ticket

redmineとzabbixの連携 zabbix alertmail -> redmine ticket 経緯 わけあってredmineとzabbixを連携させるべく、方法を探していたら、どうもzabbixのアラートメールから redmineにチケット起票するやり方が一般的らしいということで設定してみていた。 参考…

slimv 環境構築メモ

vimmer かつ lisp初学者の自分がslimv を使えるようになるまで。#とりあえずswank server が動作(,e ,c が機能する)し、関数の補完機能が使える、ってトコまで。 環境Mac OS X 10.11.2terminal.appmacvim(gvim) vimは以前から使っていた。んでlisp勉強したい…

homebrew, git導入

Macに変わったのもあって、開発環境を整えてる。 これを機に、githubを始めようと思いたった。公開していた方が気合が入るかなと思って。下記のページを参考にしてhomebrewも導入。 www.tettori.net www.tettori.net (浅ーく)調べたこと homebrew: os xのパ…

Macbook pro 購入した

ずっとwindows を使っていたのだが、今回は思い切ってMacにすることにした。 理由はいろいろあるが、どうもプログラミングなどの開発をするにはUnixベースのOS Xが良さげ、ということに気付いたからだ。 自分の思うmacの利点 unixベースのOSはシェルスクリプ…

「おとなの進路教室」を読んで。

おとなの進路教室。 作者: 山田ズーニー 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2007/03/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 7人 クリック: 47回 この商品を含むブログ (60件) を見る 就活を終えたばかりだからか、沁みる言葉をたくさん見つけた。…

「忘却の整理学」をよんで。

タイトルにあるとおり、「思考の整理学」で有名な外山滋比古の「忘却の整理学」を読んだ。 忘却の整理学 作者: 外山滋比古 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/12/12 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (32件) を見る 一…

働き方の一つの形。

こんな本を読みました。 プロフェッショナル原論 (ちくま新書) 作者: 波頭亮 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/11/07 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 64回 この商品を含むブログ (67件) を見る プロフェッショナルとはなんたるか。ということを…

備忘録として

今日考えたこと。 どこかで「異常なこと」をしないと、抜きんでることはできないということ。 人よりも抜きんでるには、基本的にやり方は二つだと思う。 ・「普通」を執拗なまでに、尋常じゃないくらい、やる。 ・まったく人と違うことをやる。 どちらにして…

ある本を読んでの感想

波頭亮さんの「思考・論理・分析ー「正しく考え、正しくわかること」の理論と実践」を読んだ。 恐ろしい。まさにコンサルタントの頭の中をのぞいたような書き方。私たちが普段、「考える」という一言で済ましていることをここまで正確に描写するとは。 思考…