たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

研究室での時間の流れ

研究室にいると、時間の流れが速い。

あっという間に一週間がたってしまう。これはなぜなのだろうか。

基本的に同じ部屋で、決してルーティーンではないのだけれど、同じようなことをやっているからだろうか。室内にずっといるからなのだろうか。それとも自由に時間を使えるから集中していつの間にか時間が過ぎていくのだろうか。もしくは一コマという区切りがないからだろうか。

 

もっともっと時間を大切にしたい。生産性をあげたい。成果をもっともっと。

 

家での時間の使い方もまずい気がする。テレビを見たり、Twitterしてばっかだ。

もっと本を読んだり、インプットを増やすことはもちろん、紙に書きだす、構造化してみるといったアウトプットも増やすべきだろう。繰り返すことで真の自分の力になっていくはずだ。千里の道も一歩から。

 

改善しなければいけないことはわかった。では、どうするか。

まずは、目標設定。自宅での過ごし方を改善していこう。目標として、アウトプットの習慣作りを設定することにしよう。

アウトプットのやり方としては、

・ブログを書く

・紙に書きだす

・声に出して読み上げる

などがあげられるかな。

 

眠りを妨げたくないし、パソコンが必ず必要になるブログは毎日というわけにはいかないから、優先順位で紙に書きだすことを一番、音読を二番目とする。

 

では具体的にどうすればいいのか。

どんな状況を整えてやれば自分はそれをやる気になり、かつ実行するのか。

・思考の書き出し

紙とペンを用意し、なおかつ書く内容を準備しておく。そしてTwitterで吐き出しすぎるとそれだけで満足してしまう気がする。もしくは、呟いた内容を掘り下げてみる。時間を区切ってとりあえず書くことを目標に。内容の良しあしは気にしないことにする。

 

・音読

特に英語能力UPのためにやりたい。JK(准教授)の言うように、構造と内容を理解したうえでの音読はとてもためになりそうではある。内容は、今研究室で皆で和訳していっているテキストを用いることにしよう。TEDは内容は素晴らしいはずだが、手間が増えると続ける以前に始まらない可能性がある。

 

二つをやったら、何か目に見える形で記録しておきたい。積み上げていくことが、モチベーションにつながる気がする。

 

そしてスムーズに眠りにつきたいので、思考、音読、読書という流れにしよう。

だんだん頭を使わなくても済むようにしていこう。

これでどうかな、まあやってみるか。