たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

自分自身の充実のためにも。

ちょっぴり負荷をかけるという形で読書に取り組んでみようかなと思う。

せっかく大学に在籍しているのだし高い学費を払っているのだから、あれだけの蔵書の図書館を使い倒さない手はない。

これまで、読書はあくまでも趣味。自分のペースでのんびりと読んでいた。それを、少し制限を加えるという形で、少々強引だが、インプット量を増加させようという試み。

 

残念ながら、学部生の貸し出し冊数は5冊まで。期限は2週間。

これを目標に、期限までに限界冊数を読み切ることを自分に課す。

ルール

・返す時は必ず制限冊数ぎりぎりまで借りること。

・期限までにできる限り読み終わること。

・小説・ビジネス書・How to本など。(マンガ・雑誌を除くものなら種類は問わない。)

 

目的

・各分野の古典と呼ばれる著書を読んで、知識や、哲学、もしくは教養と呼ばれるものを自分の中に蓄積したい。

・それが人間としても豊かになることにつながると信じる。

※ここでいう「豊か」とは、器が広く、かつ深いというような意味。

・就職してから必要になるであろう短期間で勉強をするという能力を鍛える意味でも。

・単純に自分がどこまでやれるのか試してみたい。

 

 

結構これきついぞー(笑) 自宅いるときはほとんどいつも本読むことになりそう。読書メーターを記録して励みにしつつがんばろう。