読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

「おとなの進路教室」を読んで。

 

おとなの進路教室。

おとなの進路教室。

 

 就活を終えたばかりだからか、沁みる言葉をたくさん見つけた。キャリアについて悩んでいる人、これから進路を選んでいく高校生・大学生にも読んでほしい。著者自身、何物でもない空白期間を経験しているからこそ、共感できるポイントが多いのではないか。

 

「意志ある選択」

「言葉ではなく、滲み出る何か」

 

こんな生き方、人間でありたいと思う。この本を読んでよかった。