たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

研究室の先輩たちの姿。o

今日は、研究室に配属されてから初の進捗報告会があった。とはいっても、発表する側ではなかったのだけれど。

発表する先輩たち、それに対して鋭く質問をしていく教授・准教授。どちらを見ていても、この研究室を選んだのは間違いではなかったと改めて感じた。

研究を進めていく実験や、これからの計画、どれをとっても、先輩の意志・思考が感じられる。たとえそれが間違っているとしても。

 

自分の未来を自らの手で切り開いていく、そんな人間に一刻も早くなりたくて、そのために選んだ研究室だったから。研究に対する姿勢、考え方を厳しく指導されるからこそ。

世界の誰も知らない、未知なる部分へ挑み続け、なおかつ、世の中に貢献するという、ここで求められているものを身に付けることができれば、より俺はプロフェッショナルへと近づくことができるはずだ。

 

もっともっと。