読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

やはり頭良くなりたいなあという話。

タイトルまんま。

頭良くなりたい。

 

そう思ったのは、ある論文を説明するためのちょっとしたプレゼンを准教授に対して行った時だった。

プレゼンの結果わかったこと。僕自身が論文を読んでわかった気になってまとめて説明したものは、全くの的外れであった、ということ。つらい。。。

 

なんというか、立ってる場所が違うな、と感じた。おんなじ論文を読んでいるはずなのに、准教授はこの論文の背景や新奇性、一般的なレベル感を持って捉えていて、ああこれはまけたわ、、、って思った。おごがましくも。

 

何かを理解する、わかる、ということは、とてつもなく膨大な量の背景に対する知識と洞察力が必要なのだろうな。

そこそこいいのができた、とか浮かれていた自分が嫌になった。そもそもの問題設定が間違っていた。まだ、本当の意味で本質をとらえることの重要性も理解できていないし、その結果イシューを捉えられていない。もっともっと大きくとらえることと、深く理解することを両立させたい。。

 

欲張りなのはわかってる。無茶なのもわかってる。でも、俺はやるんだ。