読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに考える人のメモ書き

ふと考えたことを綴る、特に何の意味もない書き溜め。

主義みたいなもの。

2014-8-29
最近、気づいたというか。前々から自分の中でクセみたいにあったものを、ああ、自分ってこうゆう風に考えているんだ、って気づいたというか認識したことがあって。

 

他人の考えなんて自分じゃ変えられないよね、ってある意味諦めのような考えとか。
本人が悩んで出した答えならどういう結果になっても尊重されるべきだよねとか。

 

文字にすると、なんかドライな感じだな。でも、そんな感じじゃなくて、どっちかっていうと、見守っているような。自分の中ではそんな感じなんだよな。

なんでそんな考えを持っているんだろうかとちょっと今から考えてみる。

 

自分は、何事も自分で決めるのが好きだ。それは前から気づいていた。
それを、他人にも当てはめているのかもしれない。「きっとあいつもじぶんできめたがるだろう」と。
まあ、実際にはそんなことないのかもしれないけれども。
自分の考えを邪魔されたくないんだよね。自分が決めた覚悟を邪魔されたくないわけ。
メリットもデメリットもあるのは知ってるけど、やると決めた・やらないと決めた、そのことに対して他人に口出ししてほしくないんだよね。

うん、あなたが悲しむだろうことも、文句を言うだろうことも、知ってる。
それを聞いて、自分が悲しい気持ちになることも、嫌な気持ちになることも、知ってる。

だけど、それを承知で「自分はこれを選んだんだ」ということを尊重してほしい。
ってことなのかな?

 

ああ、なんか自分が親とか友達とかから頑固だなって言われているのもわかる気がする。(笑)

 

でも、ほんとのところ、みんなはどうなんだろう。今まではそんなに気にしてなかったけど、やっぱり自分と意見が違う人も、いるよね。
「自分で決めるよりは、(自分より詳しそうな)誰かに決めてもらいたい」とか
「自分で決めるより、みんなが喜ぶ方法を選びたい」とかっていうひともきっといるのだろう。(自分にはその気持ちはわかってあげられないだろうけど)

でも、僕は思うんだ。
それでも、「誰かに決めてもらう」ことだったり、「みんなが喜びそうなものを選ぶ」こと自体は、自分で決めたんじゃないの?ってさ。

結局、決めたことの結果は自分自身にめぐってくる。自分自身に帰ってくる。


だけどさ、おれさ、こんなこと書いてるけどさ、自分で決めろって書いてるけどさ、コンサルタントになるんだよね(笑)
クライアントが彼ら自身で決めることを尊重しながら、最善の方法、方向を指し示す最高のコンサルタントになる。なりたい。ならなきゃなー。

彼らが「俺に頼る」って決めるように、頑張らなきゃね。

日々の生活に埋もれてしまわないようにしなきゃな。この志を。
俺は「助けたい人を助けることができる人間になる」って決めたんだから。